ANDANTE

小瀧望くんを中心に7WESTを全力で応援中☆7WESTがだいすきなただのツインタワー厨ヲタクのブログです。NEWSとエイトもだいすき。小瀧くんピーチケパーチケレギュラー決定おめでとう!***自分のペースで、ゆっくり歩いていこう。***

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとここまでたどり着いた…


ってことで、全体の感想文、というか、私がこの舞台を見て、考えて、自分なりに解釈したことを書こうと思います。
多分、ご本人様たちが意図していることではないと思うの、私が考えたことって。
でも、この舞台自体に、明確な答えがあるわけではないと思うの。
要は、見た人の感じ方次第、なんだと思う。
だから、私の考えて書いてることなんて、本当にはちゃめちゃでぶっ飛んでると思います。



この作品を成亮が演じる、その内容がモロ世界史、と知った瞬間、私はまず世界史について勉強しました。
あのあたり、大嫌いなのに!
高校の時、一応やってはいるはずなんだけど、覚えてるの紅茶の銘柄の勉強したことぐらいで…orz(まぁ、今回役に立ったけどね)

舞台が終わって一か月ほど、私は本当に毎日毎日考えたの。
一体、成亮は何を伝えようとしていたのか。
あの舞台にどんなメッセージが込められていたのか。
分からないなりに、一生懸命考えてみたの。
だって、それが、回数を見た人の義務…じゃないけど、役目ってものかなぁ、と思って。
成亮はよく「見終わった後に、ずっと考えさせられる作品が好き」って言ってるけど
この作品を見るまで、その意味が分からなかった。
何で?パンっと答えが出てくるほうが面白いに決まってるやん、ってずっと思ってた。
でも、今回、SEMINARに出会って、その意味がわかったの。
自分なりに解釈して、答えが出た先には、必ず自分なりの次の道が見えてくる
そうやって、人生を開くきっかけになってくれるんだなぁ、って思った。
芸術ってすごいね。
舞台ってすごいね!

…とまぁ、なんだかよく分からない前置きが長くなってしまいましたが、書いていきたいと思います。
多分、実際に観劇した、それも数回行った方じゃないと分からない所ばっかりだと思いますが(なんてったって、私のツボはマニアック!)
よろしければ、どうぞ。
ただし、本当に好き放題書いていますので、自己責任でよろしくお願いいたします。
追記からどうぞ。 まずはじめに、wsでも散々話題にされた、ローレンがセックス中毒だという所から考えていこうと思います。

私の考えた結論から言いますと、ローレンが欲しいのは、本当は、愛。
だから、愛し合う行為の象徴であるセックスばかりを求めるんです、きっと。
勿論、体を欲していないというわけではないと思うんだけど、きっと、繋がり合う温かさが、彼にとっては快感よりも心地の良いものだったんじゃないかなぁ、と。
でも、愛の象徴である行為でも、そこに愛があるとは限らない。
多分、お相手だった女性陣は、ローレンに落とされてはいるものの、完全に落ち切ったわけじゃないと思うんです。
だから、みんな次の日に必ず後悔する。
それは、自分の愛がローレンに完全に向いてしまっているわけではないから。
ローレンとのセックスに全てを委ねられないから。
でも、ローレンはセックスに愛を求めている。
だから、ローレンは行為のその中に相手からの愛が感じられなくて、気持ちにどんどん穴が空いていっちゃったんじゃないかなぁ、と。
そこを埋めようとしてまた求めるけど、でもそれは更に自分の中に穴を空けちゃうだけで…
それが分かってて、心の奥底ではそんな自分を変えたい、って思ってるんだよ。
それが最後の、ポロっとハンナにこぼしたセリフに繋がるの。
「変わりたいんだよ」ってやつに。
でも、素直じゃないから、そんな自分を自分が一番認めたくない。
それが、最後のみんなに謝るシーンに繋がるんだよね。
「いろんなものが認められない」って。
ローレンが一番認められなかったのは、ケータイとか、そんなんじゃないんだよ。
きっと、自分自身、本当は誰よりも弱い自分自身が認められなかったんだよね。


じゃあ、なんでローレンは愛が欲しかったのか。

私が思うのは、暴君(←重要。笑/お姉様しか分からない)である父との生活の中で受けた母からの愛が、彼にとってすごく大きな存在だったから。
憶測だけど、たぶん父親の暴君っぷりは、母だけじゃなく、少なからずローレンにも被害が及んでいたんだろうね。
で、父親がアクション起こした後に、母からの愛があった。
傷ついた後に受けた愛だから、すごく大きかった。
それをいきなり取り上げられてしまって、どうしようもなくなっちゃった。
自分が自分でいられなくなっちゃったの。
ここが、きっとジェイソンと繋がるところ。
精神安定剤を常用していないと自分が自分でいれなくなっちゃうジェイソンと重なって見えるの。
自分が、それで辛い思いをして、結局その思いを吐き出せずに突っ張って、別のものに価値を見出そうとしか出来なかったローレンは、心の底のほうでは、きっと、ジェイソンをどうにかしてあげたいって思ってたんだよ。
「行きたいんだカシミール!」ってジェイソンが叫んだ時に、ローレンがジェイソンの背中に手をかけようとしてかけられず、微妙な位置で止めてたの。
最初「あー、かけようとして暗転して音響鳴ってもたんや。どんくさ」って思ってたんだけど(←失礼)
多分、成亮は「どうにかしてあげたいけど自分を曝け出すのは嫌だし、でも自分の姿と被って見えちゃうし、でも俺は何もかもが許せない、人と関われないローレンだし…」っていうローレンの心の葛藤をあの手で表してたんじゃないかなぁ?って、今考えてみたら、そう思えた。(遅)

ローレンがひたすらに本を読み続けていて、あの知識が欲しい、この知識が欲しいって言い続けてたのは、お父さんに勝つためよね、きっと。
暴君に勝つために。暴君に。(大事なので2回言いました。)
てか暴君って出てくる度に私の頭の中では亮さんと成亮のラブロマンスになってるんだけど。(黙れ)


えー、白状しますと、ここまで2009年の7月に書いていたのです。
そして、今は2010年の3月終わりです。
…内容が頭からついに吹っ飛び始めているのですがorz
ごめんなさい。思いだしたら追記します。
一応、全ての人とのつながりを考えたんだけどなぁ。
…忘れちゃったw(←そんなこと言っても無理です。)




総じて言いますと。
贔屓目だし、担当だし、大好きだから、こその意見なんだけど。
単純に、成亮、頑張ったよね、って。
単純にお疲れ様、って。
よくこんな長台詞覚えて、よくこんな精神的におかしくなりそうな役を演じきれたね、って。
ローレンは、よく分からない役で。
だからこそ、私は私なりに本当にこの舞台には全力で向き合ったし
いっぱい考えさせられたし、いっぱい泣かされた。
数少ない私が見た舞台の中で、間違いなく一番好きな舞台。
間違いなく、好きな役。
これからどれだけ好きな舞台が出来ても、やっぱりSEMINARとローレンには叶わないと思うの。
ただただ、ローレンが好き。
そして、ローレンを好きになればなるほど、成亮のことももっともっと好きになった。

勿論、ダメ出しもいっぱいあるの。
私が考えて考えて、その結果成亮がやっていた動作の意味が分かった!ってことがいっぱいあって。
それって、こういう舞台にとってはいいのかもしれないけど、やっぱりすぐに分かるように、でもナチュラルに、演技しないとダメじゃん。
そこはもっと頑張れ。
そして、これは台本の問題だと思うんだけど、寝てる人を結構お見かけして。
うん、頑張れ、成亮。

…とか言いながら、本当はこの舞台、本当に大好きなんですけどね。
あんなに台詞言えるのも珍しいよ?



結論。
この舞台を経て、私は完全なるSEMINAR中毒になりました。 (←なんちゅうシメ…)


チームSEMINAR、素敵な舞台をありがとう。
座長を支えてくれて、ありがとう。

そして、成亮。
こんなに素敵な思い出を、私にくれて、ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://infinityx8xred.blog33.fc2.com/tb.php/550-3710c72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


グリムス


検索フォーム


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード


**お願いとお知らせ**

・中傷、批判等ご遠慮ください。ガラスのハートです。すぐに逃げ出します。
・リンクはフリーでは御座いません。仲良くして頂いているお友達のみ、お誘いにお応えさせて頂いております。何度かお話してすぐリンクすることも出来ません。ご了承下さい。
・ネット上でのマナーをお守りください。


**参加予定**

今後の予定です。 同じ日に参加する方は是非お会いしてください♪


「少年たち~格子無き牢獄~」in大阪松竹座
∟4日1部
∟4日2部
∟6日
∟7日
∟15日1部
∟16日
∟18日2部
日の合う方は遊んでやって下さい☆
ご連絡は、コメント欄にアドレスを入れて、非公開でお願い致します。


プロフィール

茅妃桜

Author:茅妃桜
*chihiro*  
普段は平仮名のまま、あっちこっちお邪魔させて頂いています。
・関西在住
・千崎世代
・見た目高校生以下
・全力でBガタン
・精神年齢推定5歳
・全力で現場に行く派

7WEST担・関西Jr.担のお友達大募集☆
もちろんeighterさん、NEWS担さんも大歓迎!
気軽にコメントしてやってください^^


2010年冬
ドキュンとしちゃって一気に小瀧くんに恋がはじけたひよっこ小瀧担。
自担2人の一騎打ちだった時期にしれっと私の中に入って来てさらりと心奪われました。
6つも年下の男の子に本気できゅんきゅん出来るダメな大人の代表\(^O^)/
7WESTのわちゃわちゃが大好き!
コンサート中はツインタワー絡めツインタワー絡めとひたすら念を送り続けている変態です。
こたしんが絡めばにやにや、りゅかみが言葉を交わせばもへもへしてます。
りゅがき、かみしげ、りゅせぺーあたりも好き。
関ジュ1st全国ツアー終了と同時に本格的に担降りしました、超ド新規です。


担当、という枠からは降りてしまったけど、NEWSと関ジャニ∞が大好きです。
渋谷は私の命の恩人。人生の光、みちしるべ。
彼がいなかったら今私は生きていません。(いや本当に)
成亮には相変わらずの毒舌を発揮wでも好きだからだよー…なんてことは言わないけどw

手越タイプのBガタン+村上ばりのポジティブ
=自分至上主義 
で、毎日全力で大好きな人を追っかけてます。
将来の夢は、いつか一度でいいから山下さんに抱かれること。(言っとけ)
見た目で手越担だと言われる率90%wなぜwww

参戦歴/ついったー

LOVE
7WEST
関ジャニ∞・NEWS
YJ・フラフラ・


リンク

このブログをリンクに追加する


クリックお願いします(*´∀`*)

FC2ブログランキングに参加しています♪
FC2 Blog Ranking



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。